仮想通貨入門その2~仮想通貨の発端~

仮想通貨の発端となったのは、「ビットコイン」という仮想通貨が登場したことがキッカケです。

2008年10月31日に「Satoshi Nakamoto」という人物がビットコインの元となる「Bitcoin:A Peer-to Peer Electronic Cash System(電子通貨ビットコインシステム)」という論文をWEB上で公開しました。

この論文は多くのコンピューターマニアに支持され、論文を基に、開発、普及が進んでいきました。

そして、世界初の仮想通貨「ビットコイン」が誕生しました。

2009年1月にビットコインは配布され、同年10月に「1bit=0.00076ドル」という値段が付きました。

そして、その後、ビットコインという貨幣は徐々に支持されるようになり、通貨としての価値を高めていきました。

そして、2016年現在の今では、「1bit=600ドル」以上の価値をつけており、誕生当初の10万倍以上の価値がついています。

このような、爆発的な価値上昇によって、世界では「ビットコイン長者」とよばれるお金持ちが誕生しました。

そのため、現状では新たな仮想通貨が「第2のビットコイン」として、爆発的な価値上昇を期待されています。


安心な取引所はこちらです。Bitfllyerといいます。創業者は東京大学卒で、ゴールデマンサックス証券出身ですので、問題ないです。気の早い方は登録し本人確認まで終了ください。私は最後まで入門講座を見ることを勧めますが…

せっかちなあなたは、入門6,7に飛んでください。こちらに始める方法が記載してありますので

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
もしよろしければ
会計士Xのお店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です