仮想通貨入門その8~クラス変更~

ウォレットクラス→トレードクラスへのクラスアップ

 

アカウントを作成し、ログインすると、初期はウォレットクラスというステータスになっています。

 

bitflyer5

 

ビットフライヤーでは、アカウントのグレードが「ウォレットクラス」と「トレードクラス」と2種類あり、グレードに応じて利用できるサービスが変わってきます。

 

bitflyer6

 

ウォレットクラスのままだと、仮想通貨の売買ができませんが、トレードクラスになると、仮想通貨の売買が可能になります。なので実際に仮想通貨を買ったり、売ったりしたい方にとっては、トレードクラスでの登録が必須というわけですね。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
このトレードクラスにするためには、以下の登録が必須になります。

    • 本人情報の登録
    • 本人確認書類の提出
    • 取引目的等の確認
    • 銀行口座情報の入力

これらの登録が完了すると、トレードクラスへとクラスアップします。これで、口座開設の手続きは完了です。

 

以下では本人情報の登録・本人確認書類の提出・取引目的等の確認・銀行口座情報の登録方法について説明していきます。

1.本人情報の登録

 

ログイン後、TOP画面右下にあるアカウント情報を確認し、ご本人情報のご登録をクリックします。

 

bitflyer7

 

以下のような画面が表示されるので、必要項目に個人情報を入力していきます。必須項目を入力し、確認画面で入力した情報に誤りがなければ、そのまま登録を完了させます。

 

bitflyer8

 

2.本人確認書類の提出

 

次に、身分証明書をアップロードします。1で入力した情報と同じ情報の身分証明書を登録します。運転免許証やパスポートなど顔写真付きの身分証明書が必要になります。

 

bitflyer9

 

身分証明書をアップロードしたら、ご本人確認書類を提出するをクリックし、登録を完了させます。アップロードが完了したら、ビットフライヤーからの承認を待ちます。承認が下りたら、本人確認書類の提出は完了です。

 

3.取引目的等の確認

 

該当する取引目的を選択します。

 

bitflyer10

 

4、銀行口座情報の入力

 

本人名義の銀行口座情報を入力します。

 

bitflyer11

 

登録が完了したら、こちらもビットフライヤーからの承認を待ちます。承認手続きが完了したら、銀行口座が承認された旨のメールが届きますので、それをもって口座の登録は完了です。

 

1~4までのすべての情報を登録すれば、ビットフライヤー側で審査が行われ、審査が完了したらトレードクラスにアップグレードしましたという旨のメールが届きます。

 

bitflyer12

これで、トレードクラスにクラスアップ完了です。転送不要の書留郵便を受け取る前に審査が完了し、トレードクラスにアップグレードします。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

これでクラス変更は完了です。次は入金です。次回の記事を確認くださいませ。

よろしければぜひ
会計士Xのお店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です