バーでのチケット受取が多いリヴァプール(リバプール)の試合を最も安く簡単にアンフィールドホームスタジアムで観戦する方法

【2019/6/2現在】
リヴァプール(リバプール)のアンフィールドでのホーム試合は、シーズンパスを借りて観戦することが多く、その場合スタジアム近くのバーでのチケット受取りが主流です。やり方を知らないとバーでの受取は結構迷います。今回はチケットのお得な入手方法と、アンフィールドまでの交通手段、及びバーでのチケットの受け取り方法の紹介です。今回はロンドンを拠点にしている場合の説明となります。

目次
・プレミアリーグのチケットのお得な買い方
・リバプールのチケットの受取、観戦、返却の仕方
・ロンドンからアンフィールドへの行き方

・プレミアリーグのチケットのお得な買い方

一番安いのは、クラブのHPから購入する場合です。リバプールのHPでチケットを確認してください。日本語も対応しているので英語ができない方もご安心ください。

しかしながら、プレミアリーグの人気は年々高騰しており、既に公式サイトでの販売は完売していることが多いです。私もいつも見ていますがいつも完売です。

そこでHPから買えない場合は、転売サイトでの購入が次に安いです。日本人のやっている代理店もありますが、転売サイトの相場は1.5倍から2倍なのであまりお勧めしません。

おススメのサイトは、以下の2つです。世界的に有名なサイトです。私も利用しており、チケットが手に入らなかったことはないので。

viagogoとstubhubです。

2018年10月4日のリヴァプール対マンCの試合は、stubhubで購入しました。0対0でしたが、リーグ1位と2位の戦いはすごかったです。

Stubhubはこちらから

またそれよりも、アンフィールドのYNWAを聞けたことや、会場の雰囲気を味わえたことがすごく良かったです。ブラウン管からはわからない感動の瞬間でした!

値段は、一番安く200ポンドほどでした。日本のサイトを見たら5万とかもあったのでお得ですね。

Stubhubはこちらから

画面下まで行けば、日本語のサイトに移動できる箇所があります。

2018年10月3日のマンチェスターユナイテッド対ニューカッスルユナイテッドの試合は、viagogoで取りました。これは別記事に書いてありますのでご確認ください。
マンチェスターユナイテッド(マンU)の試合をオールドトラフォードのホームスタジアムで見る方法

リバプールのチケットの受取、観戦、返却の仕方

基本的にチケットは国内郵送になりますので、イギリスの場合は、イギリスの住所のみ受取可能です。

つまり滞在ホテルの住所をサイトに登録する必要があります。

Stubhubからメール等の指示が来るので、それに従えば問題なく簡単にできます。

しかしリバプールの場合は、ホテル受取でなく、バーでの受取が多いようです。

私もそうでした。シーズンチケットを借りる場合は十中八九バーでの受取です。

てっきりバーで待ち合わせして、その人からもらうのかと思いきや、バーの主人が持っています。

私は当初知らなくて、ひたすら電話をして出品者を探していました。

バーの奥にチケット渡す場所があるのでそちらで受け取ってください。

自分の名前と、パスポート等のIDがわかるものを提示すればすぐチケットをもらえます。

シーズンパスの場合返す必要がありますが、試合終了後に同じ場所に行き返すだけなので簡単です。

私の場合は、アンフィールドの近くのThe King Harryというバーでした。結構混んでいるので気を付けてください。

バーの奥に行き、シーズンパスを受取りました。

なお、チケットの中にもし本人確認された場合は、友人から借りた等と説明してくださいとの説明書も入っています。

私の場合は、特に何も聞かれることなく、入り口でシーズンパスのバーコードを読み取らせ、サクッと入場できました。

堂々と、入り口を通れば間違いなく聞かれることはないと思いますのでそこまで気にしなくて良いのかなと思います。

またホテルですが、Pembroke Studiosがおすすめです。キッチン、電子レンジ等の生活用品が全てそろっており、1泊7千円くらいで泊まることができ、部屋も広いです。

またアンフィールドに近く30分ちょっと歩けばつきます。道もそんなに危なくないです。

グーグルマップを使用すれば、経路で道筋が出てくるのでその通りに行けばOKです。

また駅にも近いので、思い荷物があってもそこまで問題ないです。

値段も安く10泊すると1泊分無料になるHotels.comからの予約が一番お得なので下記から予約ください。

ロンドンからアンフィールドの行き方

ロンドンからアンフィールドは電車で行くことをお勧めします。

LondonのEuston駅から、LiverpoolのLiverpool lime street駅に向かってください。大体3時間弱くらいです。

値段は、早めに買うと40ポンド弱、直前に買うと85ポンドくらいしたので、倍近く違います。早めに購入されることをお勧めします。

電車は、virgin trainというサイトから購入ください。

次にリバプール市内からアンフィールドまでの行き方です。

方法は歩いていくか、バスに乗るかです。

私は歩いていくことをお勧めします。お勧めのホテルPembroke Studiosからは、35分くらいで行けます。

帰りは電車や道が非常に混むので、歩きの方が早いです。

アンフィールドの観戦には、Pembroke Studiosがおすすめです。

値段も安く10泊すると1泊分無料になるHotels.comからの予約が一番お得なので下記から予約ください。

道順もわかりやすいですし、リバプールファンのような人が歩いているのでついていけば大丈夫です。

道順はグーグルマップで、調べれば出てきます。

またバスも使用可能です。片道2ポンドで17番のバスです。

15分くらいで着きますが、帰りはものすごく混みます。

これでアンフィールドまで行けそうですね。

意外と海外でのサッカー観戦は簡単なので、ぜひ旅行に出かけてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。関連するおすすめ記事です。もしよろしければ。

会計士が監査法人の会計監査非常勤バイトで年収1000万円以上(時給6千円以上)稼ぐ方法~難関試験突破の恩恵~

ニトリの商品をお得に安く買うおすすめの方法紹介~店舗購入をしてはいけない~

新書を8割引きで買うおすすめのメルカリ読書術の紹介!誰にでもできる読書量を3倍にする節約読書法

海外の空港到着後に高級ラウンジをほぼ無料で使用する方法~食事もシャワーもカードで無料~

社会人で海外MBAにいくかわりに公認会計士の勉強すれば十分ってホント?

海外でもDAZNダゾーンを最も安く簡単に見る方法 英語圏の国でも日本語で視聴可能

格安海外航空券の一番お得な取り方公開~おすすめの英語勉強法とともに~

バーでのチケット受取が多いリヴァプール(リバプール)の試合を最も安く簡単にアンフィールドホームスタジアムで観戦する方法」への4件のフィードバック

  1. まつこ

    コメント失礼します。
    来年の3月ごろにリバプールの試合をアンフィールドで現地観戦したいと考えています。
    非常に参考になりました!ただ少し教えていただきたいことがあったのでコメントさせていただきました。
    ①StubHubで購入したチケットで入場拒否されることがあるのでしょうか。
    ②チケット受け取りに指定するのにおすすめのバーはありますでしょうか。
    もしよろしければ、回答お願い致します。

    返信
    1. 会計士X 投稿作成者

      コメントありがとうございます。ぜひ楽しんでください。以下回答します。
      ①私は特に何の問題もなく入れました。何か言われても、シーズンパスの場合、親せきや友人から借りたといえば大丈夫のようです。一応そういった注意事項もチケットと一緒にもらえます。
      ②チケット受取はこちらから指定できず、出品者により指定されます。私の場合は、the king harryというアンフィールドの近くのバーでした。バーの奥にチケット受取場所があります。特に出品者はいないので気を付けてください。

      返信
  2. 横山 真由

    コメント失礼します!
    私もつい先日、今年の4月に行われるリバプール戦を
    stubhub にて購入致しました。
    シーズンパスでの手配となったとですが、会計士X様も、シーズンパスで観戦されましたでしょうか?
    また、入場の際には必ず本人確認をされ、友人や親戚などといった理由を述べなければならないようになっているのでしょうか?
    そして、バーに行かれたらすぐチケットの受け取りはスムーズに出来るよう分かりやすくなっているのでしょうか?
    色々と書いてしまいましたが、何卒知っていることがあれば教えて下さい。よろしくお願い致します。

    返信
    1. 会計士X 投稿作成者

      コメントありがとうございます。おっしゃる通り、シーズンパスです。私は特に聞かれませんでした。堂々と入場口でバーコードを読み取らせば基本的に大丈夫だと思います。
      またバーですが、受取場所に行けば、それ来たかという感じで、名前とI.D.を見せればすぐにもらえます。特に出品者に電話しても雑に扱われるだけなので、バーに行き、オーナーに聞けばサクッともらえます。同じようなバー受取の東洋人もちらほらいるので、行けばなんとなくわかると思います。
      雰囲気が最高なので是非楽しんでください。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です