放映権」タグアーカイブ

DAZNダゾーンがJリーグ放映権を購入して変わったこと~日本サッカー界への影響~

【19/6/5現在】
イギリスの動画配信大手『パフォーム・グループ』の擁するストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』と大型契約を締結しています。10年間で約2100億円です。これはJリーグが2017年から手にする放映権料となります。日本での主なサッカー関連の放映を独占するDAZNダゾーンの台頭により、Jリーグはどのような恩恵を得たのでしょうか!?

この記事の目次
・Jリーグの賞金の大幅増加
・海外有名選手の増加

・Jリーグの賞金の変化

Jクラブへの「均等配分金」が増額されています。

J1が1億8000万円から3億5000万円。

J2が1億円から1億5000万円。

J3が1500万円から3000万円。

J2以外は倍増となっています。

J1の賞金総額も3億5000万円から4億8000万円へ。

1位が3億円、2位が1億2000万円、3位が6000万円に増額されています。

また、成績に応じて支給される「強化配分金」(注・ACLの出場に絡む1位から4位までが対象)や「降格救済金」(注・降格した場合、翌1年間は前カテゴリーの配分金の80%が保証される)が新たに創設されています。

経済的には非常にJクラブは充実していますね。

・海外有名選手の増加

2017年からドイツ人有名選手であるポドルスキ

2018年はイニエスタ、フェルナンドトーレス

2019年は、ビジャや海外有名リーグのレギュラーが続々と移籍しています。

しかしながらこのようなチームは決して優勝していません。

Jリーグをコンテンツとして、価値を上げるには非常に良いかと思います。

実際、ドイツ、スペインからの視聴者数は右肩上がりのようです。

パフォーム・グループはJリーグからの広告収入で収益を上げるため、当然のアクションです。

要するに視聴者数を、増やせばそれだけ彼らが収益を上げることができます。

しかしながら日本のサッカーの強化という観点ですとどうでしょうか。

プレミアリーグはコンテンツとしては世界1番ですが、イングランド代表はWカップで良い結果を残しておりません。

Jリーグ側もホームグロウン制度を導入し、日本の育成に力が向く仕組みを導入しています。

資金が多く入ることは、様々な手が打てるため良いことです。

しかしながら様々な利害関係者の目的が入り乱れるため、巨大資本にJリーグが食いつぶされないよう今後も目が離せません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。以下私のおすすめ記事です。お時間があればご覧ください。

会計士が監査法人の会計監査非常勤バイトで年収1000万円以上(時給6千円以上)稼ぐ方法~難関試験突破の恩恵~

海外でDAZNダゾーンを最も安く簡単に見る方法 必要なのは1つだけ

ホリエモンに公認会計士の仕事がAIやロボットの台頭で奪われなくなると言われた公認会計士自身の生見解

公認会計士自身が教える会計士の年収/収入/給料の現実!

ニトリ商品をお得に安く買うおすすめの方法~店舗購入でないある通販を利用する安くてオススメの方法

ユニクロUNIQLO商品を最もお得に安く買うおすすめの方法

新書を8割引きで買うおすすめのメルカリ読書術の紹介!誰にでもできる読書量を3倍にする節約読書法

海外の空港到着後に高級ラウンジをほぼ無料で使用する方法~食事もシャワーもカードで無料~

社会人で海外MBAにいくかわりに公認会計士の勉強すれば十分ってホント?

amazonアマゾンプライム会員がその年会費とある行動で海外でもビデオ映画が全て視聴できる方法

格安海外航空券の一番お得な取り方公開~おすすめの英語勉強法とともに~