https://jicpa-tokyo-cpa-youth.jp/interview/742/」タグアーカイブ

Jリーグ加盟を目指す全てのサッカーチームに贈る言葉~大きな夢を目指すあなたに~

・常に、一つ上の組織づくりを心がけよう

大事なのはそれだけです!

 

Jリーグの3部リーグへの道のりは、結構長いです。

 

都道府県の3部リーグ優勝、2部リーグ優勝、1部リーグ優勝

次に、地域リーグ2部優勝、1部優勝、全国地域リーグ優勝

JFLで4位以内及びJリーグの規定を満たすでやっとJ3に参入可能です!

 

最低でも6年かかります。しかしそれを最短でやってのけた男がいます!望月君です。皆さんはご存知でしょうか!?日本代表選手でもあった人間です!

SC相模原の代表です。相模原ってどこ?そんな声も聞こえそうですが、J3で気を吐いているサッカーチームの代表です。

 

彼がなぜそういったことができたか気になりますよね!?

 

それは勝つ組織を作り上げたからです。勝つ組織ってってなりますよね。

それが一番大事!

さっき書いた1つ上の組織作りが大事なのです。具体的にいうと、社会人3部チームであれば、2部の優勝チームと戦って勝てるチームを作る!2部であれば1部のチームと、そうやって基準を設定していくことです。当たり前のようですがこれが非常に重要です。

 

Windowsを開発したマイクロソフトの社訓も、常に大きな目線をもてです。

3部のチームにいて、3部のことしか考えてないようであれば、一生3部のままです。県の選抜で満足していたら絶対に、日本代表にはなれません。目線を高く持つこれが非常に大事なのです!

 

心の才能とでもいうのでしょうか!?ここが非常に大事になります。常に目線を上げた目標を持ち、それに近づくにはどうすればよいか、それを考え続け実行し続けることです。

 

良く成功した経営者が言うことで、やるべきことをやるだけって言いますが、実はこのことです。目線を高く持って、それを実現する方法を模索し、実行する!まずはそれだけです。

 

会計士の仲間である徳重剛君もJ3の鹿児島ユナイテッドの社長をしています!どんどんサッカービジネスが盛り上がり、有能なビジネスマンもサッカー界に流入すればよい社会を私は確信しております!

世界的スターのバルセロナのイニエスタも、ヴィッセル神戸楽天入りが決まりましたしね!

 

もし興味があればSC相模原代表の著書を読んでみてくださいね。

彼の名言を一部抜粋
→よくよく考えてみれば、暗闇を暗闇だと認識できるのは、どこかに光があるからです。