日本のワールドカップ放映権料の恐るべき高騰っぷりと今後の展望~NHKと民放は赤字確定と嘆いています~

この48年でなんとワールドカップ放映権は750倍にも膨れ上がっています。赤字ながらもロシアワールドカップ2018を全試合放送してくれるNHK及び民放に感謝です。

目次
・ワールドカップ2018での放映権は前回の1.5倍
・1970年メキシコ大会から数えると放映権は750倍にまで膨れ上がっている
・高騰の背景はFIFAのワールドカップ大型化の成功がある

・ワールドカップ2018での放映権は前回の1.5倍

ロシアワールドカップ2018はNHKと民放テレビ局で全64試合が生中継されます。

それにもかかわらずW杯の放送権料は高騰し続けています。ロシア大会でJC(JC=NHKと民間放送局の共同制作機構)がFIFAに支払う額は前回ブラジル大会から1・5倍にはね上がり、600億円だそうです。

2002年日韓大会からは、JC(ジャパン・コンソーシアム)が広告最大手の電通を通じFIFAから放送権を購入し、民放各局もW杯の放送を手にするようになっています。

ちなみに今回もワールドカップを対象としたtotoが実施されています。
日本でワールドカップ2018で賭ける方法

toto オフィシャルサイト

・1970年メキシコ大会から数えると放映権は750倍にまで膨れ上がっている

日本で初めてW杯が放送されたのは1970年のメキシコ大会。東京12チャンネル(現テレビ東京)の単独放送で放送権料はたった8000万円でした。74年の西ドイツ大会も東京12チャンネルのみで2倍弱の2億円でした。

FIFAは78年アルゼンチン大会からアジアでの普及を掲げ、6大会一括の放送権をアジア放送連合を通じて、日本全国で視聴可能なNHKに販売し、NHKが98年のフランス大会までは単独放送するようになりますが、まだ10倍にもいかないくらいの6億円でした。

それが02年の日韓大会から急激に高騰し始めます。JCがFIFAから電通を通じて一括購入する形式が始まり、日韓大会は100倍の60億円、06年ドイツ大会はその2倍以上の140億円、10年南アフリカ大会が170億円。14年ブラジル大会は400億円にまで高騰し、CS放送が撤退する事態になっています。

ちなみにブラジル大会は全世界での放送権料の総額は2000億円。

その5分の1を日本が支払っていることになります。電通はFIFAに言い値を押しつけられているのかもしれませんね。しかしながらキックオフ時間を日本との時差を考慮し調整してもらえるなど融通は多少きいているようです。

結局今回のワールドカップ2018では放映権は600億円となり、ワールドカップ放送の老舗であるテレビ東京が中継を断念しています。当初8000万だったのが今は600億円ですからすごいですよね。

toto オフィシャルサイト

・高騰の背景はFIFAのワールドカップ大型化の成功がある

高騰する背景には大会の大型化があげられます。ロシア大会は全出場チームへの準備金150万ドル(約1億6500万円)に加え、1次リーグ敗退でも800万ドル(約8億8000万円)が支払われます。結果に関係なく出場するだけで約10億円が手に入ります。

ロシアワールドカップ2018の賞金が気になる方はこちらの記事を閲覧ください。
ロシアワールドカップの賞金公開

02年の日韓大会は、準備金が100万スイスフラン(約7500万円)、1次リーグ敗退でも460万スイスフラン(約3億4500万円)の出場給がありました。参加賞も約3倍となっています。

また、優勝賞金3800万ドル(約41億8000万円)も02年の日韓大会から約3倍に上がっています。FIFAは収益の大半を放送権料に頼っており、発展途上国へのボールの寄付などのボランティア活動や、全世界の被災地への寄付なども、これで得た収益が軸になっているようです。

放送権料の値上がりは民放各局も頭を抱えているようです。日本民間放送連盟(民放連)は、南アフリカ大会から2大会連続でW杯の民放収支が赤字になったと発表。ロシアワールドカップ大会も「赤字確定」と嘆いています。

今後も高騰は止まりそうもないようです。26年大会(カナダ、メキシコ、アメリカの3か国共同開催)から出場国は48カ国に増え、初出場の国や地域で盛り上がるほか、試合数が増えることでさらに放映権は高騰すると思います。FIFAは将来的にコンフェデレーションズ杯を廃止し、クラブW杯を現行の7チームから24カ国に増やす計画も持っており、こちらにも大幅な収益を期待しているという噂です。

DAZNなどネット配信メディアの台頭もありますし、放送権が高騰し続けたら有料のメディアでしかW杯が見られない時代が来るかもしれないと私は少し危惧しています。W杯もクラブW杯もお茶の間では見られなくなる日が近いのかもしれませんね。

何はともあれ今回のロシアワールドカップ2018は全て無料で見れますので皆様楽しんでください!

toto オフィシャルサイト

ロシアワールドカップ2018TV放送日程
出場32か国のメンバー及び出身チーム
日本サッカー協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です